2009年11月アーカイブ

「図書室の住人」の創作ダンス担当(大嘘)の淡乃もえです。

しょうしゃ

ペンタブは使えません。
PAD長は萌える。
ここでは絵などを描くかもしれないし、創作ダンスを発表するかもしれない。
死ぬかもしれない。死にたくない!!。
がんばりますん。

(現在もえさんは酒が入ってる上に、真夜中のテンションです許して下さい)。

淡乃もえ 〔2009年11月29日 00:00〕  
| トラックバック(0)

仕事がちょっと忙しかったのでちょっと間が開きました。すみません。
ちなみに全ての記事はHATが更新してるので、ボクが忙しいときは他のメンバーが記事を作ってもアップできないという不便さがあります。
そろそろブログ形式にしようかしら。

さて、冬のボーナスが0とか悲しいこともありましたが、ゲーム製作頑張っていきます(´・ω・)
今日は『3人分』同時アップ!

*

さて、今回は難易度のお話。
ゲームを作る上でゲームバランスの調整が重要なファクターになるのですが、やはりここでいつも悩みます。
簡単なゲームは初心者には優しいですが、上級者にはぬるいですよね?
でも逆に難しくすると初心者お断りになっちゃいます。
同人ゲームは割りと割り切ってゲーマー向けに作ることが多いので、難易度が高くなる傾向がありますが、ボクなんかは割りとぬるゲーマーなんで簡単な方が嬉しいです。
elements~漆黒(ry はゲーム難易度が低いという評価を総じてしていただくことが多いですが、まさにその通りで、ボク自身が楽しめる難易度になってます(ぶっちゃけw)
ただ、ゲーム自体をもっとやりこみたい人の為に何かしないといけないなと思うのも事実なので、今のところ、やりこみ要素やストーリー面の作りこみでカバーしてるつもりです。
本当は、ゲーム難易度によらず多くのプレイヤーさんに楽しんでいただけるシステム的要素があれば一番いいんですけどねぇ。
こればっかしはゲーム作りしていく上で永遠のテーマです。

HAT 〔2009年11月29日 00:00〕  
| トラックバック(0)

ハガレンシリーズは今回で終了です。最後ということで豪華にホムンクルス4体セットです。
ラスト
ラスト:あんな細い長い爪は描けません。これくらいで許してくださいm_ _m
グラトニ
グラトニー:こういった白丸の目のキャラは、目と肌の境界がはっきりしないので描き難いのです。
エンヴィー
エンヴィー:エンヴィーって確かこんな感じ。うん。
ブラッドレイ
ラース:大総統の能力って何ですか?それが分かるところまで読めてませんで。

まこと 〔2009年11月28日 22:41〕  
| トラックバック(0)

軍人さんは一度お休みで、今回は「ウィンリィ」です。
ウィンリィといえばスパナかなと思って描きましたが、言われないとわからない感じに。
てか、こんな大きなスパナどこに使うんだろ?
winry.png

まこと 〔2009年11月23日 00:00〕  
| トラックバック(0)

豪腕の錬金術師こと「アームストロング少佐」です。
髪型とか髭とか面倒でしたが、キラキラつけるとよい感じになりました。
アームストロング

まこと 〔2009年11月22日 00:00〕  
| トラックバック(0)

今日はシナリオの長さのお話です。
この日記のようなものをご覧の皆様はおそらくPr版をプレイしてくださった方だと思います。
Pr版のプレイ時間は6時間程度を想定しています。
ツクール作品としては短編~中編相当でしょうか。
※個人的見解ですが、ツクール作品では1~5時間:短編、5~20時間:中編、20時間~:長編と思ってます。
商用のRPGですと40時間~60時間が普通なんでしょうけどね。
同人作品としては中々それ程の時間楽しめるゲームを作るのは骨が折れるものです。

*

そういえば、僕は台本をテキストデータで書き起こしてからゲームを作ります。
Pr版でおおよそ60KBです。
現在製作中の本編はの台本データは300KB・・・。
単純計算で6時間×(300KB÷60KB)=30時間!
これは作るのも骨が折れますね(絶賛言い訳中)

HAT 〔2009年11月19日 00:00〕  
| トラックバック(0)

今回は、序盤でお亡くなりになりました「ヒューズ中佐(准将)」です。
特に特徴がないので、ポイントになるところはないですね。
ナイフや写真でも描けばよかったかもしれませんが、小さなものは描いても何かわからなくなるので諦めました。
ヒューズ

まこと 〔2009年11月15日 00:00〕  
| トラックバック(0)

ハガレンシリーズ4人目は「ホークアイ中尉」になります。
きりっとした感じではなくて、なんか可愛くなりました。てっぽう持ってバーン!て感じで☆
ホークアイ

まこと 〔2009年11月14日 00:00〕  
| トラックバック(0)

今日は「ポッキー&プリッツの日」ですね(どうでもいい)
さて、第四回目になりましたpr版のキャラ紹介です。
今回は発明家系少女の「メイ=フォーランド」の紹介です。

メイ(キャラチップ)メイ(フェイス)
メイのキャラ紹介ページ

メイは先日紹介したアロンと同じインフィニッツと呼ばれる組織の技術者です。
見た目は12歳でも通用すると言われる程童顔ですが、アロンと同じ18歳です。
物語当初のランスの目的はメイをエミリのところへ送り届けるというものです。
組織でもトップレベルの技術者ですが、常識にはめっぽう弱く、たまにトンチンカンなことを言います。
基本ボケ要因です(関西人的キャラメイクの産物)
ボケてはいますが、しっかりはしてるのでアロン君の「おかん」的ポジションでもあります。

*

キャラクターの造形としては、「天然ボケの天才」例によってボクのステレオタイプイメージの理系人です。
自分の専門分野以外はサッパリな理系人って萌えません?
性格は「お人よし」。人を疑うことを知りません。
「ボケ+しっかり+お人よし」と書くと性格破綻してるみたいですが、実際どんな感じかはプレイしてください(笑)

*

名前は一応「芽衣」が当たります。苗字は考えてなったんですが、シナリオ上必要なので翼さんに適当につけてもらいました。
デザインもチカさんに完全におまかせ。いい具合なアホ具合になったなと思ってます。

さて、これでメインパーティ全て紹介したのですが、次からどうしましょうかね?
サブキャラ編?

HAT 〔2009年11月11日 00:00〕  
| トラックバック(0)

今回は焔の錬金術師こと「マスタング大佐」です。
今回のポイント:炎(火花?)なわけですが、あまりイメージどおりに描けなかった。
まぁ、大佐っぽい雰囲気は十分出せてると思うので、○
大佐

まこと 〔2009年11月 9日 00:00〕  
| トラックバック(0)

ハガレンシリーズ2人目は順当にアルフォンスです。
今回のポイントというかなんというか:大きいです、はい。
いつものサイズの枠に入りませんでした。
この鎧はどこをどうデフォルメしていけばよいのやら、下手にいじると直ぐに変になる。
自分的にはこのくらいで納得したのですが、まだ変ですか?
アル

まこと 〔2009年11月 7日 00:00〕  
| トラックバック(0)

PR版ことelements~漆黒(ryのキャラ紹介3回目です。
今回は双剣使いの「アロン=フォークス」を紹介します。

アロン(キャラチップ)アロン(フェイス)
アロンのキャラ紹介ページ

アロンはインフィニッツと呼ばれる組織のメンバーの剣士です。
若くして剣の才能があるものの実践経験が少ないため、イマイチ活躍できません。
主人公ランスと共に任務に当たることとなるのですが、
突然現れたランスがパーティを仕切るのが気に入らず、対立することもしばしば。
決して弱いわけではないのですが、ランスが強いので作中ではちょっと日陰キャラです。
幼いころに戦争で両親を亡くしてから、幼馴染のメイと共にインフィニッツで育てられています。
どこかヒネた性格なのはそういう生い立ちが関係してるかもしれませんが、してないかもしれません。(どっちだよ)

*

キャラクターの造形としては、寡黙な少年剣士を目指していたのですが、ランスとのキャラの関係で、どこか三枚目キャラになってしまった、ちょっと不幸なヤツです。
結局はプライドが無駄に高い「お子様剣士」みたいになってしまいましたが、スタッフの中ではなかなかの人気物です。
まあ、彼は大人の事情(?)でシナリオ内では不遇の位置になってしまったので、もしPr版を作り直す機会があれば、もっとちゃんと扱ってあげたいなぁと切に思うばかりです。

*

名前は「アロー(矢)」から一応取っていますが、最終的には語感の良い感じにしました。
デザインもチカさんにおまかせ!ということでよい感じの少年具合になってます。(少年といっても18歳ですが)
次回は「アロンの嫁」こと「メイ」の紹介です!

HAT 〔2009年11月 4日 00:00〕  
| トラックバック(0)

ちびキャラ新シリーズ、今月は「鋼の錬金術師」です。
ただし、原作は最近追えてませんし、アニメもFAの方は2、3話しか見れてないので、始めのほうのキャラばかりになります。
さてまずは、豆つぶことエドワードからはじめますね。
偶数ドットで描いてるので、左右対称の時のセンターラインが困ります。
今回のような正面で手を合わさせるのとかが苦労するんですよ。
エド

まこと 〔2009年11月 3日 00:00〕  
| トラックバック(0)